読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aqsiqservice’s blog

日本リサイクル廃棄物が中国に輸出するライセンスAQSIQのいろいろ

廃ペットボトル買いあさる中国…崩れるリサイクル:中国の購入価格は日本の約1.5倍:国内処理設備過剰が主要因

f:id:aqsiqservice:20170412110033j:plain

 石油などの資源に乏しい日本は「循環型社会」をめざして、使用済みペットボトルといったプラスチックごみを容器などに再生利用する仕組みを発達させてきた。このリサイクルを推し進めるうえで目下、頭の痛い問題となっているのが、廃ペットのかなりの量が海外に流出しているという事実だ。貴重な再生資源の多くが正規のルートに乗ることなく、仲介業者を通して中国などに高値で売り払われてしまっている。その背景を価格面から探った。

■中国に高値で流れていく

 「採算はとても厳しい」。廃ペットを樹脂原料に再生する関東の業者は頭を抱える。昨年夏に入札で競り落とした廃ペットの価格が大幅に上がり、販売する再生樹脂の値上げが避けられなくなった。それでも原料高をすべて製品価格に転嫁するのは容易ではなく、収益悪化を招いている。

 家庭ゴミなどから分別収集した廃ペットは市町村が回収し、法律に基づいて日本容器包装リサイクル協会(容リ協)が実施する入札を通して再生事業者に引き渡す。落札した再生業者が樹脂原料に再生し、容器メーカーなどに販売する流れだ。昨夏の入札の平均落札価格は1キロ約48円と、前回入札より2倍以上高くなった。最高値をつけた2年前の入札に次ぐ水準だ。

 原因は諸説あるが、構造的な要因として常に指摘されているのが、入札に出される廃ペット量の少なさだ。業界団体によると、全国の自治体の廃ペット収集量は2012年度で28万9千トン。これに対し容リ協への引き渡し量(入札量)は19万5千トンにとどまる。容リ協に登録する再生業者の処理能力は年40万トンを超え「構造的な売り手市場」(再生業者)とも呼べる状態が廃ペットの高値の一因となっている。

 容リ協に引き渡されない廃ペットは主に中国に流出している。自治体には回収した廃ペットを容リ協に引き渡す義務はなく、独自に仲介業者を通して輸出したほうが有利と考えているようだ。中国の貿易統計によると、廃ペットを含む「PET(ポリエチレンテレフタレート)くず」の日本からの輸入単価は13年12月時点で1キロ0.73ドル。円換算すると同70円を超える計算になり、自治体側からすれば運賃などを考慮しても容リ協の入札で売るより輸出をしたほうが利幅が大きいことになる。

 中国でこれほど高値で売れるのは、きれいに洗浄された日本産のPETくずは雑貨やぬいぐるみのつめ綿用などに人気があるため。最近は円安の影響もあって輸出の有利さが増しており、13年の中国向け輸出量は38万5350トンと前年を15%以上上回った。石油由来の新品PET樹脂の取引価格が1キロ1.2ドルを超えていることを考えると、日本の廃ペットは中国側からみればなお手ごろだといえる。

f:id:aqsiqservice:20170412110215g:plain

■経済性に左右されるリサイクルの弱点

 こうした中国の「高値買い」が未来永劫(えいごう)続く保証はない。中国側の輸入価格は2年前には1キロ0.9ドルを付けていた時期があり、今はそれと比べると値下がりが鮮明だ。中国で合成樹脂・繊維原料の増産が続く中、景気減速が鮮明になり素材需要が伸び悩んでいることが背景にあるとみられる。今後も価格下落が続けば日本から中国への輸出採算が悪化することになる。そのとき、廃ペットが国内に回帰するのかどうか。
 容リ協の入札制度改革の検討委員を務めた資源・食糧問題研究所の柴田明夫代表は「ペットボトルのリサイクルは自治体や飲料メーカー、再生事業者など複数の関係者で支えられており、誰かが得をしようとするとうまく回らない。再生資源を目先の経済性だけで考えるのではなく、利益や負担を分かち合う発想が欠かせない」と指摘している。

f:id:aqsiqservice:20170412110057j:plain

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDJ1301H_X10C14A2000000/?dg=1

 

AQSIQライセンス新規申請、延期、追加、変更、ISO9001に向け満足度の高いサービスのご提供をさせていただきます。

李 佳雯/ Rika (海外業務担当)

京貿環達(北京)管理諮詢有限公司/K&C International Consutling Co.,LTD.
Mobile: +86 13357103398
TEL: +8610 85569006
FAX: +8610 65565338
〒100123 
Mail:hz@aqsiqservice.com
HP:www.aqsiqservice.com

日本語ホームページ:  http://en.aqsiqservice.com/Japanese.html

(aqsiq中国)古紙持ち去り問題

f:id:aqsiqservice:20170411143301j:plain

古紙持ち去りに向けた4つの行動

 東京都は、古紙回収業者、古紙問屋、製紙メーカー等の古紙業界代表と連携し、区市町村とともに、組織的、広域的な古紙持ち去り行為の根絶を目指すことを目的として、古紙持ち去り問題検討協議会を昨年11月に立ち上げ、これまで3回にわたり検討を重ねてまいりました。
  このたび「古紙持ち去り問題根絶に向けた取組」を取りまとめましたので、お知らせいたします。
 今後はこの取り組みを通じ、東京都で持ち去り行為の根絶を目指すとともに、道府県及び政令指定都市など全国に発信していきます。
 

これまでの取組を着実に推進

1 多様な回収ルートを地域の特性に応じて選択
・古紙は有用な資源であり、地域の特性を生かして多様な古紙の回収体制を維持していく。

2 持ち去り禁止条例の制定を拡大
・行政回収や集団回収からの持ち去りを禁止する区市町村の罰則付き条例の制定を進める。
・持ち去り防止には現場の状況判断を正確に把握することが重要。区市町村は、現場で回収にあたる委託回収業者と被害状況などの情報交換を行う。

新しい古紙持ち去り防止システムの構築

3 古紙業界による持ち去り古紙の排除の取組
・古紙回収業界及び問屋業界は、優良事業者(所)を認定する「再生資源回収事業者」制度及び「古紙商品化適格事業所」制度を活用し、持ち去り行為を容認しない厳しい体制作りを行う。
・製紙メーカーは、古紙直納問屋等に対し、持ち去られた古紙を取り扱わない旨の宣誓書の提出を求めるなど、持ち去り古紙排除の徹底策を検討する。

4 全ての関係者間の情報共有
・組織的、広域的な古紙の持ち去り行為の防止を徹底するため、持ち去り業者情報を区市町村間で共有する。
・持ち去り行為を防止するため、警察との連携を密にする。

f:id:aqsiqservice:20170411143314j:plain

 

AQSIQライセンス新規申請、延期、追加、変更、ISO9001に向け満足度の高いサービスのご提供をさせていただきます。

李 佳雯/ Rika (海外業務担当)
京貿環達(北京)管理諮詢有限公司/K&C International Consutling Co.,LTD.
Mobile: +86 13357103398
TEL: +8610 85569006
FAX: +8610 65565338
〒100123 
Mail:hz@aqsiqservice.com
HP:www.aqsiqservice.com

(aqsiq中国)鉄プラスチックを輸出の時代が来る!

鉱物資源の乏しい日本において、鉄スクラップが輸入されていた時代は遠い昔のこととなっている。現在、日本国内の「市中スクラップ」は現在、年間3000万トン以上もの量が回収されている、これが国内で消費しきれずに鉄スクラップの余剰が発生し、その結果、価格の大幅な下落を招いた。こうした国内の鉄スクラップの余剰に対し、鉄スクラップ業界は海外に販路を求めることとなった。こうした海外販路の開拓の結果、日本は現在、世界でトップクラスの鉄スクラップ輸出国に変貌を遂げ、海外からも良質な原料の供給国として、また、日本の鉄スクラップ価格はアジア市場のベンチマークとしても大きな注目を集めている。

f:id:aqsiqservice:20170222100549j:plain


その一方で、現在、日本からの鉄スクラップの主な販売先である中国が今後、経済発展に伴い、自国で鉄スクラップをまかなえる時代が来ることも予想されている。


中国への金属スクラップや古紙、廃プラスチックを輸出する企業は、輸出貨物の船積み前検査を受ける必要があり、その検査の申請を検査機関に行うために、2005年より中国国家質量監督検験検疫総局(AQSIQ)への登録が求められています。登録企業にはAQSIQよりライセンス(有効期限3年)が発給され、それに基づいて輸出貨物の船積み前検査の申請を行うこととなります。

f:id:aqsiqservice:20170222100533j:plain


弊社は専門的な代理会社として、申請の成功率は100 %!


AQSIQライセンス新規申請、延期、追加、変更、ISO9001、

ISO14001に向け満足度の高サービスのご提供をさせていただきます。

海外業務担当

李 佳雯/ Rika 
f:id:aqsiqKC:20170126111253p:plain
京貿環達(北京)管理諮詢有限公司/K&C International Consutling Co.,LTD.
Mobile: +86 13357103398
TEL: +8610 85569006
FAX: +8610 65565338 
Mail:hz@aqsiqservice.com
HP:www.aqsiqservice.com

AQSIQライセンス更新・延期についてのご案内

f:id:aqsiqservice:20170123175735j:plain

中国の相関法律の要求に基づいて、AQSIQ証書を取得した国外企業は期限が切れる前に6ヶ月から延期申請を申し出る必要があります、規定された延期申請の期限を越えるとAQSIQ証書は自動的に撤回し、使用することは全然できません。

AQSIQ証書の延期についてのニーズがあれば、なるべく早く連絡を取ることをお願いいたします。そうすると、相関の資料を準備し、早く取り扱うこともできます。

近3年以内AQSIQに登録された企業の法人、名称、商業登記所在地及び執務する場所などが変わる事情があれば、できるだけ早く変更についての申請を行う必要があります。

中国の法律によりますと、延期申請を申し出る前に相関変更をしなければなりません。

弊社はAQSIQ証書の申請業務を代行する専門的な会社です。2007年のところ創社以来、中国でAQSIQについての業務を行う業界でナンバーワンの会社です。世界各地から1000家以上の会社が弊社に任せてこの証書を取得しました。弊社は中国で一番専門的な会社として、幅広く客先に好評されました。

ご多忙中お手数ですが、ご連絡をいただければ幸甚です。

ご参考されるように弊社のサイトをご覧下さいwww.aqsiqservice.com

AQSIQライセンス新規申請、延期、追加、変更、ISO9001に向け満足度の高いサービスのご提供をさせていただきます。

f:id:aqsiqservice:20170120183321j:plain

李 佳雯/ Rika (海外業務担当)
京貿環達(北京)管理諮詢有限公司/K&C International Consutling Co.,LTD.
Mobile: +86 13357103398
TEL: +8610 85569006
FAX: +8610 65565338
〒100123 
Mail:hz@aqsiqservice.com
HP:www.aqsiqservice.com

(aqsiq中国)廃棄物と資源循環

廃棄物の概要

廃棄物は、不法に投棄されたり、不適切な処理が行われたりすると、周辺住民の健康や周辺環境に大きな影響を与えてしまうことがあります。そのため、廃棄物を扱うためには、許可制度や、その処理方法、処理を委託する場合の委託基準などが、廃棄物処理法の中で様々に規定されています。

廃棄物は、大きく産業廃棄物と一般廃棄物に区分されます。

廃棄物には、爆発性、毒性、感染性を有するなど、人の健康や生活環境に被害を生ずるおそれがあるものがあり、これを特別管理廃棄物と定め、通常の廃棄物より厳しい取扱いを規定しています。

f:id:aqsiqservice:20170220102957j:plain

 

産業廃棄物の概要

事業活動に伴って生じた廃棄物のうち「燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類」の法で直接定められた6種類と、政令で定めた14種類の計20種類を産業廃棄物といいます。
産業廃棄物以外の廃棄物は一般廃棄物となります。
また、産業廃棄物を処理するときは、必ずこの20種類のいずれか、もしくは、混合物として排出しなければなりません。

産業廃棄物は、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、廃棄物処理法及び同法施行令で指定されている20種類に該当するものをいい、それ以外は一般廃棄物といいます。

f:id:aqsiqservice:20170220102634j:plain

 

産業廃棄物の現状

■1 国内の状況

環境省「産業廃棄物の排出及び処理状況等(平成25年度実績)」によると、国内の産業廃棄物の総排出量は約3億8500 万トンであり、前回の調査結果から約600 万トン増加しました。種類別の排出量は、上位3品目(汚泥、動物のふん尿、がれき類)で総排出量の約8割を占めています。
総排出量約3億8,464 万トンのうち、中間処理されたものは約2億9,959 万トン(全体の78%)、直接再生利用されたものは約7,856 万トン(同20%)、直接最終処分されたものは約649 万トン(同2%)となっています。中間処理された産業廃棄物は、約1億3,208 万トンまで減量化され、再生利用(約1億2,685 万トンが再生利用され、約523 万トンが最終処分されました。
合計では、排出された産業廃棄物全体の53%にあたる2億541 万トンが再生利用され、3%にあたる約1,172 万トンが最終処分されています。

■2 都の状況

平成25年度の東京都の産業廃棄物の総排出量24,592千トンのうち、中間処理された量は24,516 千トン(排出量の99.7%)で、直接再生処理された量は15千トン(同0.1%)、直接最終処分された量は61 千トン(同0.2%)でした。中間処理された産業廃棄物は、脱水、焼却等の中間処理を経て9,365 千トン(同38.1%)に減量化され、そのうち8,679 千トンが再生利用、685 千トンが最終処分されています。
合計では、再生利用量が8,694 千トン(同35.4%)、減量化量が15,152 千トン(同61.6%)、最終処分量が747 千トン(同3.0%)となっています。

■3 不適正処理の現状

環境省「産業廃棄物の不法投棄等の状況(平成26年度)」によると、
(1) 平成26年度に新たに発覚した不法投棄事案の件数は165件(前年159件)、不法投棄量は2.9 万トン(同2.9 万トン)でした。
(2)平成26年度末における不法投棄等の残存件数は2,583件(前年2,564件)、残存量の合計は1,594.2 万トン(同1,701.7 万トン)でした。

 

AQSIQライセンス新規申請、延期、追加、変更、ISO9001に向け満足度の高いサービスのご提供をさせていただきます。

f:id:aqsiqservice:20170120183321j:plain

李 佳雯/ Rika (海外業務担当)
京貿環達(北京)管理諮詢有限公司

K&C International Consutling Co.,LTD.

Mobile: +86 13357103398
TEL: +8610 85569006
FAX: +8610 65565338
Mail:hz@aqsiqservice.com
HP:www.aqsiqservice.com

aqsiq中国―AQSIQ証書取得によくある質問

f:id:aqsiqservice:20170123175735j:plain

問い:どのような会社はAQSIQ証書を申請しなければなりませんか?
答え:廃棄物を中国に輸出する全ての外国系会社。
問い:どのような材料は固形廃棄物原料に該当するのですか?
答え:トランス、廃モーター、ケーブル、電線、古紙、廃プラスチック、廃織物等を含む金属廃棄物、混合 金属くず。
問い:AQSIQを取得するには、企業に対する必須要件はなんでしょうか?
答え:企業登記文書や税務関連文書を有し、実在している事業所住所があり、放射能測定器を擁し、且つ関 連法律法規を分かる企業は申請することができます。
問い:AQSIQ証書は紛失しました。どうすればよいのでしょうか?
答え:AQSIQ証書の所持者は、まず公開されたマスコミで紛失声明を発表し、且つ質検総局に証書の再発 給を申請します。
問い:もし我々のAQSIQ証書は期間切れで又は延期に失敗した場合は、我々は再度申請することができま すか?
答え:はい、規定によると、御社は再度申請することができます。
問い:AQSIQ証書を申請するには、どのような資料を提出しなければなりませんか?
答え:1.電子監督管理システムでオンラインで印刷された申請書、
2.公証を受けた商業文書と税務文書とその訳文、
3.御社の組織図の紹介と各部署、持ち場の責務の紹介
4.全面的に御社の企業所在地をアピールすることのできる写真又は映像。
5. ISO 9001証書又はRIOS証書のカラーコピー(もし御社の企業はISO9001認証を取得していな い場合は、我々はISO9001認証証書の取得に協力します)
6.関連作業指導文書

京貿環達(北京)管理諮詢有限公司(www.aqsiqservice.com)は、プロなコンサルティングサービス機構で、今までずっと輸入廃棄物外国サプライヤーAQSIQの登録とコンサルティングサービスに特化し、設立してから今日に至るまで、我々は既に累計して世界の千社近くの廃棄物原料を経営している企業のためにAQSIQ証書の取り扱いに成功しました。
營業範囲はAQSIQ 新規申請 · 変更 · 登録種類の追加 · 更新、ISO 9001認証、ISO 14001認証などがあります。業務に向け満足度の高いサービスのご提供をさせていただきます。
我が社は承諾を守り、信用と支持をもらえるように頑張ります!

日本語対応連絡先:

李 佳雯/ Rika (海外業務担当/Business Manager)
京貿環達(北京)管理諮詢有限公司 K&C International Consulting Co.,Ltd.
ISO9001 certificate authorized company
北京市朝陽区朝陽北路の99号大悦マンション1-3110室
1-3110,Joy Mansion,No.99,Chaoyang North Road,Chaoyang District Beijing,China
-------------------------------------------------------------
携帯: +86 13357103398
TEL: +8610 85569006
FAX: +8610 65565338 
Mail:hz@aqsiqservice.com
HP:www.aqsiqservice.com

廃プラスチックの三種類の応用方式

廃プラスチックは回収した後、ほとんど三種類の形式で再社会生産に投入されている。この3種類の応用方式は別れて:燃料、発電と再生料。

f:id:aqsiqservice:20170220103307j:plain

燃料
最初は、海外に吹く廃プラスチックの高炉噴代わりに石炭、油と焦セメント石炭の代わりにされ、回転窯焼きセメントでごみや、固形燃料(RDF発電効果)。最初はアメリカRDF技術開発。近年、日本の利用の廃プラスチックの発熱値の高い特徴に配各種燃えるゴミから発熱量20933kJ / kgと粒度均一なRDFに用いることができる貯蔵、輸送として他のボイラー、工業窯炉燃用代石炭。
高炉噴吹廃プラスチックの技術は廃プラスチックの原料として適切な粒度噴入高炉の代わりに、コークスや粉炭の一つの処理の撤廃したプラスチックの新方法。国外の高炉噴吹廃プラスチックの応用は、廃プラスチックの利用率80%、排出量を焼却量の0.1%-1.0%、発生した有害ガス処理が少なく、低料金。

発電

ごみの固形燃料発電は、最も早いアメリカ応用し、すでにRDF発電所37か所、ごみ発電所の21 . 6%を占めて。日本は既に廃プラスチックの発電の巨大なポテンシャルを意識している。日本は小さな結合のオーバーホールのごみ焼却駅に変更RDF生産に立って、それによって集中して連続規模発電効率的、ごみ発電所の蒸気パラメータは30012を45012ごろ、発電効率を従来の15%にまで高める20%-25%。

再生材料

原油価格の変動にプラスチックの価格の変化を経て、廃プラスチックの人工筛检分類を経て、割れ、造粒、改性などのプロセス、各種になる透明プラスチック顆粒不透明に分類し、製品の最後になって、再び利用することができる再生材料。

f:id:aqsiqservice:20170328164724j:plain

 

廃棄物リサイクル中国輸出証書AQSIQに関して、私にください。

 

AQSIQライセンス新規申請、延期、追加、変更、ISO9001に向け満足度の高いサービスのご提供をさせていただきます。


李 佳雯/ Rika (海外業務担当)

京貿環達(北京)管理諮詢有限公司/K&C International Consutling Co.,LTD.
Mobile: +86 13357103398
Tel: +8610 85569006
Fax: +8610 65565338
Skype:aqsiqserviceagent 
Mail:hz@aqsiqservice.com
HP:www.aqsiqservice.com