読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aqsiqservice’s blog

日本リサイクル廃棄物が中国に輸出するライセンスAQSIQのいろいろ

(AQSIQ)廃棄物輸出

廃棄物輸出に関する国際条約が、バーゼル条約(有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約)である。1992年に発効した。日本は同年、バーゼル法を制定し、翌年の法施行と同時に加盟した。 廃棄物を輸出する際には、バーゼル法…

(AQSIQ)ナイロンの改性の特性と応用範囲

ナイロンは、多くの特徴を有しているので、したがって、広くように機械ユニット構造、輸送機器、繊維、紙の機械は、自動車、電気機器に使用されます。車の小型、高性能の電気・電子機器、機械、軽量加速装置と、ナイロンの需要が高いと大きくなります。構造…

AQSIQ申請、変更、追加、更新サービス

AQSIQ 固形廃棄物原料を中国に売却したいのですか。AQSIQ証書を取得すると、未曽有の幅広い市場を手にすることができます。 AQSIQは中華人民共和国質量監督検験検疫総局の略称で、AQSIQ証書のフルネームは原料用輸入固形廃棄物の海外供給者証書です。 京貿環…

廃棄物原料船積前検査CCIC-京貿環達(北京)管理諮詢有限公司

申請から証明書発行までの手続>>廃棄物原料船積前検査、申請から証明書発行までの流れ 中国向け廃棄物原料船積前検査は、以下のプロセスで実施されます。 1.輸入廃棄物原料国外供給企業登録 中国に廃棄物原料を輸出するには、事前に、中国の国家質量監督検…

(AQSIQ)中国廃棄物輸入業に巨大な潜在力がある

今の中国市場が廃棄物輸入ニーズに対して、国内の産能よりもっと多く求めています。社会の進みに従って、国内のメーカーがコストに低くするため、また環境保護の意識が強くなるために、だんだん海外のリサイクル資源を輸入業務に展開します。 調査によると、…

(AQSIQ)基本法と個別リサイクル法

循環型社会の形成は、21 世紀のわが国にとって最大の課題といわれています。 循環型社会とは、①廃棄物の発生抑制②資源の循環的利用③廃棄物の適正処分が確保されることにより、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される社会とされています…

(AQSIQ)鉄スクラップ

「鉄スクラップ」ってなに? ビルの解体 鉄スクラップには、大きく分けて「市中スクラップ」と「自家発生スクラップ」の2つがあります。 「市中スクラップ」は、建物や船舶、自動車、機械など使用済みの鉄鋼製品から発生するものです。一般的に市中で流通し…

(AQSIQ)廃プラスチックのリサイクルについて

廃プラスチックの排出量と有効利用量 廃棄物は一般廃棄物と産業廃棄物に分けられます。一般廃棄物は、家庭、飲食店、事務所などから出る廃棄物のこと。産業廃棄物は、工場など事業活動から排出される指定廃棄物のことです。 2011年の国内の廃プラスチック排…

(AQSIQ)廃プラスチックのリサイクル

廃プラスチックのリサイクルについては、長年の技術開発によって、現在では多くの手法が実用化されています。 これらの手法を大きく分けると以下の三つになります。 (1)マテリアルリサイクル(再生利用) (2)ケミカルリサイクル(原料・モノマー化、高炉…

(AQSIQ)プラスチックリサイクル買収依頼の基礎知識

プラスチックのリサイクル原料は、成形時の不良品や樹脂メーカーの生産ロス、一般家庭で使用済みのプラスチック製品、容器など多種多様ですが、プラスチックの表面をライターなどで、燃やして見て、溶けるものは基本的に再生可能な樹脂と判断できます。 プラ…

AQSIQライセンス説明

国家質検総局(AQSIQ)によると、固体廃棄物が中国に輸出するのは三種類を分けられています。禁止類、自動類、限制類。 通常の禁止類固体廃棄物:廃ゴム、廃シリコーン、廃タイヤ、古服など 通常の自動類固体廃棄物:廃カバー、廃アルミニウム、古紙、廃鋼鉄…

(aqsiq)鉄スクラップの輸出に関する規制

鉄スクラップの引き合いを受けましたが、日本からの輸出に関する規制があれば教えてください。 はじめに、バーゼル法に規定する特定有害廃棄物等、廃棄物処理法に規定する廃棄物に該当しないかどうかを確認する必要があります。これらに該当する場合は経済産…

(AQSIQ)古紙・紙くずの現地輸入規則および留意点:中国向け輸出

中国から古新聞を買い取りたいとの引き合いがありました。中国に輸出は可能でしょうか。 中国へ古紙を輸出することは可能ですが、一部に中国側で輸入禁止になっているもの(廃特殊紙)があり、規制もあります。中国政府は近年、古紙を含むリサイクル材につい…

aqsiqライセンス申請日本地元代理 募集中 

AQSIQは中華人民共和国質量監督検験検疫総局の略称で、AQSIQ証書のフルネームは原料用輸入固形廃棄物の海外供給者証書です。 京貿環達(北京)管理諮詢有限公司(www.aqsiqservice.com)は、プロなコンサルティングサービス機構で、今までずっと輸入廃棄物外…

AQSIQ---廃棄物輸出

不正輸出 不正輸出には、実体上の不正、手続き上の不正、関連法の詐欺がある。 実体上の不正とは、バーゼル条約や相手国の国内法の輸出禁止品目を輸出することで、狭義の不正輸出である。 バーゼル条約違反とされた不正輸出としては、1999年にフィリピン…

(AQSIQ)スクラップ、廃棄物、廃プラ、鉄鋼中国輸出貿易ccic検索申請、日本での船積み前検査の申請

aqsiqライセンス持っての会社中国輸出方法ーーー代理に頼んでもいいです 廃棄物原料船積み前、国外供給業者は、国家質検総局が授権した日本国内の検査機関に船積み前検査を申請しなければならないので、ご留意ください。授権された日本国内の検査機関は、以…

AQSIQライセンス取得代理代行、廃棄物(スクラップ、廃プラ、古紙)を中国に輸出したい、でも、どうすればいい?

廃棄物を中国に輸出したいなら、どうすればいい? まずは、廃棄物中日貿易をしられる資格がなければ、企業コンプライアンス上でクリーンな取引を行うことができなくなります、その資格は日本側の会社と中国側の会社がそれぞれ、総局へ事前の申請を行い、aqsi…

AQSIQ注意ください!『輸入制限固体廃棄物リスト』の最新調整

2017年1月13日,中国国家質量監督検験検疫総局は、固体廃棄物管理の更なる規範化と環境汚染防止のため、『固体廃棄物環境汚染防治法』、『固体廃棄物輸入管理法』に基づき、『輸入廃棄物管理目録』の調整を行いました。具体的には、下記7種類の固体廃棄物が…

AQSIQライセンスを貸す?!できません!

中国の法律に基づき、AQSIQライセンスを貸すことはできません。 しかし、輸出代行会社に頼まれて、廃プラや廃金属を中国に売却ことはOKですけど。その費用が高くなる以外、リスクも高いです。近年、中国国家質量監督検査検疫総局の輸入検査がますます厳しく…

(AQSIQ)中国の鉄スクラップニーズ量が増え

今年の初めには、中国の国家発展改革委員会は6月の前に"地条钢"を禁止する態度を表明しました。"地条钢"は悲惨な品質問題があると見られています。この影響で、鉄スクラップの市場での供給が増え、資源の流れが変わり、高品質な鉄スクラップと薄物鉄スクラッ…

(AQSIQ-China)注意してください!中国『輸入廃棄物目録』の最新調整

注意してください!中国『輸入廃棄物目録』の最新調整 2017年1月13日,中国国家質量監督検験検疫総局は、固体廃棄物管理の更なる規範化と環境汚染防止のため、『固体廃棄物環境汚染防治法』、『固体廃棄物輸入管理法』に基づき、『輸入廃棄物管理目録』の調…

(AQSIQ-China)中国鉄鋼価格の上昇!

春祭りの後の取引の週二、中国の鉄鋼価格は急増しました、でも高価な取引が弱体化し始めました。$90トンの価格に輸入さ鉄鉱石価格は$90トンに上昇しました。 先週、国内のスポット鉄鋼価格指数は135.22ポイントで引け、週間では4.06パーセントの増加となりま…

AQSIQ/CCIC------廃プラスチック市場の分析

リサイクルPP市場の需要が頻繁にニュースを是正、近年の環境と相まって、常に重いボリュームが困難な業界の考え方が切望していた、リサイクル素材工場は、20パーセントに強い待機を開始し、参照してください。現在、慎重な購買羊毛産業、マーケティングの意…

AQSIQ代行―K&C中国京貿環達

2016年で中国品質検査総局AQSIQ証書の発行量について、KC再首位! 2016年は輸入廃棄物マーケット調整及び転換の一年で、AQSIQ証明書の審査数量は近年に比べて大幅に減少した、通年承認された企業は190社、京貿環達は得意先からサービスの信任、または専攻…

中国に、古紙や紙くずなどを輸出できますか

輸出は可能ですが、日本の輸出者側および中国の輸入者側で、それぞれ当局へ事前の申請を行い、認可を得るなどの手続きを行う必要があります。 概略は、以下のとおりです。 1.中国における「輸入廃棄物原料国外供給企業登録」 中国に廃棄物原料等を輸出する場…

AQSIQ証明書の真偽識別のメソッド

登録の証明書内のインポートされた廃棄物の海外のサプライヤー企業は時々AQSIQラインの証明書、外国AQSIQライセンスと呼ばれる、実際には、中国のAQSIQが発行する証明書です。 (2004年に初めて発行された、2年間有効な証明書が、すべて効果的に3年間更新す…

AQSIQ の関連根拠法

AQSIQ では品質の監督検査、試験、検疫に関する法律、法規の草案責任を担い、品質の監督検査、試験、検疫に関連する規則と制度の制定し発表する。品質の監督検査、試験、検疫に関連する法律、法規の実施に責任を担い、品質の監督、検査、試験、検疫の行政法…

AQSIQ証書を取得する際の必須前提------ISO9001認証

AQSIQ証書を申請するには、ISO9001認証を取得しなければなりません。我々は 御社に協力し、素早く、便利な方法でISO9001認証を取得し、証書を取得する ことができます。 必要なISO申請文書には下記が含まれています。 1.会社の登録文書 2.申請表記入 3.御社…

AQSIQ証書を取得する際の必須前提------ISO9001認証

AQSIQ証書を申請するには、ISO9001認証を取得しなければなりません。我々は 御社に協力し、素早く、便利な方法でISO9001認証を取得し、証書を取得する ことができます。 必要なISO申請文書には下記が含まれています。 1.会社の登録文書 2.申請表記入 3.御社…

AQSIQ更新に必要な文書

http://en.aqsiqservice.com/Japanese.html 国家質検総局第98号公告規定によると、AQSIQ証書は期間満了前の3-6ヶ月以内に更新申請を提出しなければなりません。 更新に合格した後に、証書の使用有効期間は3年間延長します。 更新に必要な文書には下記が含ま…

AQSIQ取得ライセンス Q&A123

質問:①AQSIQライセンスを取得するメリットは何ですか? 回答:①AQSIQライセンスを持っていない企業は、中国本土への廃プラスチック、廃金属の輸出ができません。従がいまして、ライセンスを保有している企業に日本国内で販売をし、その企業に中国へ向けての…

ISO14001とは

International Organization for Standardization = 国際標準化機構 1947年2月に発足し、スイスのジュネーブに本部を置く。電気分野を除くあらゆる分野の標準化を推進する非営利組織である。国連や国連専門機関における諮問的地位を有し、制定する規格は最…

ISO9001とは?

International Organization for Standardization = 国際標準化機構 1947年2月に発足し、スイスのジュネーブに本部を置く。電気分野を除くあらゆる分野の標準化を推進する非営利組織である。国連や国連専門機関における諮問的地位を有し、制定する規格は最…

中国に廃棄物(鉄スクラップ、非鉄金属、アルミスクラップ、テンレススクラップ、ステン レス鋼、古紙、故繊維、廃プラ)aqsiqライセンス延期、更新書面資料リスト

中国に廃棄物(鉄スクラップ、非鉄金属、アルミスクラップ、テンレススクラップ、ステン レス鋼、古紙、故繊維、廃プラ)aqsiqライセンス延期、更新書面資料リスト:1、申請書2、謄本3、写真と平面図5、AQSIQライセンスのコピー件6、近3年のCCIC書 AQSI…

中国輸出ライセンス(AQSIQ)取得の代行

固形廃棄物原料を中国に輸出したいんでしょうか。AQSIQ証書を取得すると、未曽有の幅広い市場を手にすることができます。 AQSIQライセンスを持っていない企業は、中国本土への廃プラスチック、廃金属、廃織物、廃紙の輸出ができません。 個々のお客様のみで…

中国へ輸入禁止廃棄物

【中国で輸入禁止の中古機器】(代表的なものを抜粋) 1.ガス関係:ガス用容器、家庭用コンロ、ボイラ など 2.医療機器:心電図記録器、超音波診断機、スキャン装置、注射針、血圧測定器など 3.電子ゲーム機:家庭用テレビゲーム機、コイン式ゲーム機など…

AQSIQ証書の変更と延期についてのご案内

中国の相関法律の要求に基づいて、AQSIQ証書を取得した国外企業は期限が切れる前に6ヶ月から延期申請を申し出る必要があります、規定された延期申請の期限を越えるとAQSIQ証書は自動的に撤回し、使用することは全然できません。 AQSIQ証書の延期についてのニ…

AQSIQライセンス失効企業へのご案内

Q:AQSIQライセンス更新が失敗しましたらどうする? A:更新申請が失敗しましたら、不服審査や再申請しかできませんので、更新書類を提出前に、是非、ご了承ください。 2016年、中国AQSIQライセンス更新申請を提出したケースの中に35%が失敗しました…

AQSIQライセンス取得代行 AQSIQ・CCIC新規・変更・更新・不服審査・再申請は全部承ります!最速1ヶ月新規取得

AQSIQライセンスの申請・変更・更新・不服審査など ・中国国家質量監督検査検疫総局(AQSIQ)が輸出事業者登録制度で発表(2012年10月10日) 中国国家質量監督検験検疫総局(AQSIQ)ではこのほど、同総局に登録されている全世界の輸出企業リストを公表…