読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aqsiqservice’s blog

日本リサイクル廃棄物が中国に輸出するライセンスAQSIQのいろいろ

(aqsiq)鉄スクラップの輸出に関する規制

鉄スクラップの引き合いを受けましたが、日本からの輸出に関する規制があれば教えてください。

はじめに、バーゼル法に規定する特定有害廃棄物等、廃棄物処理法に規定する廃棄物に該当しないかどうかを確認する必要があります。これらに該当する場合は経済産業大臣の輸出承認、環境大臣の確認または許可が必要となります。

f:id:aqsiqservice:20170222100533j:plain


I. バーゼル法
1. バーゼル法の概要
「有害廃棄物の国境を越える移動およびその処分の規制に関するバーゼル条約」(バーゼル条約)では、鉄スクラップは原則として規制対象ではないとされています。日本の法律では、「特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律」(通称「バーゼル法」)第二条第一項第一号イで、規制対象外品目(告示:特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律第二条第一項第一号イに規定する物)が定められています。鉄スクラップに鉄以外の金属やプラスチック等の異物が含まれていない場合は規制対象になりません(バーゼル法「別表第一」(規制対象外品目)の一の項の第一号に該当(B1010))。


2. バーゼル法規制対象物
鉄以外の金属やプラスチックなどの異物が含まれている場合、その含有量が告示の別表第三の第十七号から第四十一号に該当するかどうかを分析などを行い、確認する必要があります。該当する場合は規制対象になります。


II. 手続き
1. 輸出前の手続き
バーゼル法に規定する特定有害廃棄物等に該当する貨物を輸出入する場合は、外国為替および外国貿易法に基づく経済産業大臣の承認が必要となります。また、廃棄物処理法に規定する廃棄物に該当する貨物を輸出入する場合には、環境大臣の確認または許可および経済産業大臣の承認申請が必要となります。
環境省および経済産業省では、輸出入しようとする貨物が、バーゼル法に規定する特定有害廃棄物等に該当するか否か、廃棄物処理法に規定する廃棄物に該当するか否かについて、相談窓口を(財)日本環境センターおよび経済産業省環境指導室に設けています。


2. 輸出申告
税関に輸出申告する際に、以下の手続きが必要となります。

  1. 特定有害廃棄物等に該当する場合:経済産業大臣の輸出承認書
  2. 特定有害廃棄物等に該当しない場合:特定有害廃棄物等に該当しないことの証明を税関に提示


3.その他
特定有害廃棄物等に該当しないことを証明するためには、以下がポイントになります。

  1. 分析結果などにより、客観的に有害性の有無が判断できる書類の提示
  2. 輸出後にリサイクルされることが判断できる書類(有償取引であること、輸出後の処分者がリサイクル業者であることなどを示す資料)の提示
  3. 廃棄物処理法の「廃棄物」ではないことが判断できる書類


鉄スクラップに廃棄物処理法の「廃棄物」が混入している場合は法令違反となります。輸出貨物の由来、性状等の把握および十分な品質管理の確保に努め、必要に応じ、輸出を行う港のある地域を管轄する地方環境事務所へ事前相談を行うことをお勧めします。

f:id:aqsiqservice:20170222100549j:plain


関係機関
(財)日本環境衛生センター:
バーゼル条約輸出入規制事前相談課
環境省:
廃棄物・特定有害廃棄物等の輸出入事前相談
輸出入に用いる港の所在地を所管する環境省地方環境事務所  
経済産業省:
3R政策「バーゼル条約・バーゼル法」 
貿易管理

関係法令
経済産業省:
特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)
バーゼル条約・バーゼル法の概要等(別表第1、第3)  
外国為替および外国貿易法

環境省:

廃棄物処理法

http://www.jetro.go.jp/world/japan/qa/export_01/04A-010805から資料提供

f:id:aqsiqservice:20170207115124p:plain

李佳雯/Rika

TEL: +86 10-85569006 
携帯: +86 13357103398
FAX: +86 10-65565338
Mail: hz@aqsiqservice.com