読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aqsiqservice’s blog

日本リサイクル廃棄物が中国に輸出するライセンスAQSIQのいろいろ

日本映画「Please Please Please」が北京で上映 舞台挨拶に主演俳優と監督が登場

日本映画「Please Please Please」が北京で上映 舞台挨拶に主演俳優と監督が登場 (5)--人民網日本語版--人民日報

f:id:aqsiqservice:20170417181214j:plain

北京万達国際影城CBD店で4月16日夜、第7回北京国際映画祭の公式イベント「2017北京 ・日本映画週間」の上映作品である「Please Please Please」の舞台挨拶が行われ、2.5次元俳優としてさまざまなミュージカル作品で活躍する主演の佐藤流司さんと、同作品を手がけた堀内博志監督がステージに登壇した。会場には佐藤さんのファンと思われる多くの若い女性たちが集まり、佐藤さんの登場とともに会場は大きな歓声と熱気に包まれた。

f:id:aqsiqservice:20170417181225j:plain

堀内監督は同作品について、「悪事を行いながらも、地方で懸命に生きる若者の青春を描いた作品になっている。映画の舞台は熱海の温泉街で、現代的な風景と古風な風景が織り交ざっており、それを見てリアルな日本の雰囲気を感じてほしい」と語った。

佐藤さんは今回の映画出演について、「普段は舞台作品を主に演じていて、映画はそれとは異なる印象を受けた。舞台作品は通常1ヶ月ほどの長い時間を要するが、今回の映画の撮影は1週間という短期間で行われた。舞台作品にはずっと演じていく持久力が必要になるが、映像作品では短期間で実力を出し切る瞬発力が大切だと感じた。また、今まで舞台作品でキャラクターを演じてきたが、今回の作品では初めてキャラクターのない役柄を演じたので、素に近い自分自身が表現されている」と語った。

f:id:aqsiqservice:20170417181235j:plain

また、佐藤さんは今回初めてレッドカーペットを歩いたことをうれしそうに語った。舞台挨拶のステージ上でそのときの様子を自ら再現し、ファンを大いに喜ばせた。終始ファンからの歓迎ムードに包まれながら、最後に二人はファンたちと記念撮影を行った。

http://j.people.com.cn/n3/2017/0417/c206603-9203901-5.html